夏に気を付けたいことのうち、夏風邪とクーラー病等について考えてみました

夏に気を付けたいことの第一は今ではまず熱中症でしょうが、この他にも沢山気を付けたいことはあります。
私は夏風邪とクーラー病等について気を付けて頂きたいと思っています。

風邪は寒い時期のみにひくと考えがちですが、夏に流行するウイルス感染症があって、これが夏風邪と呼ばれています。
夏風邪のウイルスは高温や湿度の高い時期に多発するので、梅雨時から夏にかけて流行します。
昔から夏風邪は長引くと言われております。

また、免疫力の弱い乳児や高齢者は特に気を付けなければいけません。
冬の風邪と同じで夏風邪に効く薬はありません。
うがいや手洗いを励行して栄養のあるものをしっかり食べて、睡眠を十分とることが大事です。

要するに免疫力を高めることが、もし夏風邪にかかってしまった場合でも治癒が早いです。
休養も大事です。
大勢の人が集まる場所へ行く際は、マスクをかけていくことも予防になります。

次にクーラー病ですが、この症状が出ると場合によっては重症になることがあります。
常にクーラーが効いているところで仕事をしている人に起こりがちの症状ですが、冷え性に似た症状が起こり自律神経の乱れが生じてきます。
人間の身体は、夏の暑い時は血管が膨張して熱を体外に逃がすように出来ているものですが、自律神経が乱れるとそれがうまく働きません。
フルアクレフ 口コミ
そのため肩こりや頭痛、女性では生理不順などの症状が出てきます。
一度自律神経が乱れると症状が長引きます。
クーラーが苦手な方は足元を冷えから守る毛布とか、自宅の場合はクーラーではなく扇風機を使用するとか工夫してクーラー病にならないようにしましょう。

この他、今どこのお宅でも網戸が完備しています。
そのため真夏の暑い夜になかなか寝付けなくて、網戸のみで朝まで寝てしまうことがありますが、盆地では真夏でも朝方は温度が相当下がることがあります。
その結果冷え性と同じような症状になって、頭痛や肩こり、吐き気が生じることがあります。
扇風機のつけっぱなしもそうですが、出来ればこのようなことは避けたいものです。